ページトップへ戻る

初めての印鑑選びのアドバイス

_DSC8961

初めて印鑑を作ろうと思った方は、まずこちらをご覧ください。

  1. 初めての印鑑選びあるある

  2. 大切な印鑑だからこそきちんと選びたい

  3. 印鑑を選ぶには

  4. 男女別・印鑑の種類別アドバイスはこちら

  5. お気軽にご相談を

※贈り物として印鑑ギフトをお考えの場合は、こちらをご覧くださいませ。

1.初めての印鑑選びあるある

いざ印鑑を作ろうと思っても、ハードルが高い!!とお感じの方も多いでしょう。

  • 『印鑑に種類ってあるの?(就職先から印鑑を用意しておいて、と言われたけれど、認印でいいの?)』
  • 『実印って聞いたことあるけど実印って何??
  • 『え・・印鑑って3本用意しなくちゃいけないの?』
  • サイズはどうしますか?って聞かれても…。どうしたらいいですか?ってこっちが聞きたいんですけど!!』
  • 印材の種類?? いろいろあるけどどれを選べばいいのかよく分からない…。ふつーでいいんだけど、そもそも「普通の印鑑」ってどんなもの?』
  • 『あまりに高額なものは買えないけれど、かといって大切な印鑑だから安かろう悪かろうでは困るし。。。』
  • 『印鑑の相場って?』
  • 『きれいな印鑑はステキだけれど、大事な印鑑にそんなお洒落なものを使ってもいいの?

印鑑はじめて

印鑑を一本作るだけ、のはずが分からないことだらけ疑問だらけ不安だらけで困ってしまいますね。でもそれは当然のことです。印鑑を作ろうと思われた方はほぼ皆さん「印鑑初心者」です。もうすでにお手元に印鑑をお持ちの方でも、その印鑑はご両親から贈られたものだったり、高校の卒業記念品だったりしませんか?
「自分で印鑑を作る」ということは、社会生活で必要になって初めて経験することだったり、人生の節目に向き合ってあつらえるものだったりするからです。

翡翠

人生の成功を守護すると言われ、古来より愛された翡翠(ひすい)の印鑑

2.大切な印鑑だからこそきちんと選びたい

印鑑は、社会生活において欠かすことのできない大切なものです。
あなた個人を証明したり(実印)、金融機関の口座を守ったり(銀行印)、様々な書類や契約に用いたり(認印)するために必須の、あなただけの証(あかし)となるもの。

ですが、ある程度一般的なルールや慣習さえ踏まえておけば、ご自分のチョイスで自由に選んでいただいてOKなものでもあるのです。

お着物だって様々なルールやしきたりがたくさんありますが、ちゃんと知ってさえいればTOPに合わせた上でお洒落で素敵な自分らしいチョイスができますよね。

「印鑑を作ろう」というせっかくの機会ですから、ちょっと知識を付けてみませんか?自分にとって納得のいく、良い印鑑をお選びください。

牛角白 銀行印 女性

古式ゆかしい伝統印材は、上品なたたずまい。

3.印鑑を選ぶには

①印鑑の種類

②印鑑のサイズ(直径)

③印鑑の素材の種類

④文字の彫り方

を選んでいきます。どんな印鑑の種類が必要?どんなサイズが一般的?どの印材(印鑑の素材)を選べばいいの?文字の彫り方に決まりがあるなんて知らないんだけど。。。と、いざオーダーしようとしても困ってしますね。

初めての印鑑選び

印鑑は、印鑑の種類/サイズ/印材/文字の彫り方 を選んでオーダーします。

①印鑑の種類

実印/銀行印/認印 の3つの印鑑を使い分けます。

三本の印鑑

それぞれの役割に適した印鑑が必要だからこそ、3本の印鑑を使い分けます。

印鑑の種類(実印・銀行印・認印)について詳しくはこちら もご参考下さい。

②印鑑のサイズ

細めの9㎜~太い24㎜までありますが、男性女性や印鑑の種類によって適正サイズが決まっています。

サイズ9~24㎜

一般的によく使用されるのは10.5~18㎜の間のサイズです。

印鑑のサイズについて詳しくはこちら もご参考下さい。

③印鑑の素材の種類

大きく分けると、・伝統的な天然素材印材 ・パワーストーン宝石印材 ・金属系印材から選べます。

印材

お好みに合わせて選べるのも楽しみの一つ。

落ち着きのある伝統的印材、華やかで美しい宝石印鑑、スタイリッシュで人とはちょっと違う金属系印鑑。お好みの一本をじっくり選びましょう。

④文字の彫り方

男性と女性では印鑑の文字の彫り方が異なります。また、印鑑の種類によっても異なります。下の表をご参考くださいね。

彫刻前に、文字デザインの事前確認もできます。

自分の名前がどんな印鑑になるの?とご心配な方は、彫刻前に印影(文字デザイン)の確認ができるサービスもありますよ。

 詳しく知りたい方は、関連ページもご参考下さい。

・印鑑にはどんな種類があるの?→印鑑の種類と用途
・男性・女性にふさわしいサイズとは? →男女別・種類別サイズ早見表
・どんな印材が選べるの?→印材①伝統印材 印材②宝石印 印材③金属系印材
・名前の彫り方に決まりはあるの?→銀行印に横書きの印鑑が良い理由とは?
・印鑑を作るシーンや節目とは?→ライフイベント一覧

 

プロに相談して安心して印鑑をオーダーしたい、とお考えでしたら、お電話(0778-51-0628)やFAX(0778-53-1133)、メールtoiawase@meiinso.jp などでもうけたまわっておりますのでお気軽にお問合せください。

 

 

具体的に作る印鑑がお決まりなら、次のページを見てみてくださいね。

4.男女別・印鑑の種類別の作り方

女性用の実印は こちら

男性用の実印は こちら

女性用の銀行印は こちら

男性用の銀行印は こちら

女性用の認印・仕事印は こちら(準備中)

男性用の認印・仕事印は こちら(準備中)

赤ちゃん用の印鑑は こちら

子ども用の印鑑は こちら

会社用印鑑・法人用印鑑は こちら

個人事業主やフリーランスの方は こちら

 

印鑑の種類や使い道が分からないなら

印鑑を3本に分ける理由とは?(準備中)

 

5.印章店や彫刻士にお気軽にご相談を

分からない点、心配な点がおありでしたら、印章店(印鑑屋さんの正式な呼び方です。)や彫刻士にご相談ください。一生もののお付き合いをする大切な印鑑ですから、きちんと納得してお作りいただければ幸いです。

彫刻士

性別や年齢、印鑑が必要なシーン(車を買うので印鑑が必要、成人の息子に贈りたい、就職を機に印鑑を作りたい。。。)などに応じて、あなたに必要な印鑑のご相談も承っております。
「無料ご相談フォーム」にてご連絡くださいませ。

 

お電話(0778-51-0628)やFAX(0778-53-1133)、メールtoiawase@meiinso.jp などでもうけたまわっておりますのでお気軽にお問合せください。

印鑑作成に関して

お問合せ・ご相談、お待ちしております。
(受付時間 10:00~18:00)

電話

0778-51-0628

クリック

お問合せフォーム24時間受付中

電話

メールでQ&A

印鑑のご相談やお買物のことなど、
お気軽にお問合せ下さい

クリック

「想いを印(しるし)に」小林大伸堂

「想いを印(しるし)に」小林大伸堂

「想いを印(しるし)に」小林大伸堂

「想いを名前に、名前を印(しるし)に」。大切な名前に想いと願いを込めておつくりする小林大伸堂の印鑑サイトです。

https://www.kaiunya.jp/

宝石印鑑は「Rose stone」(ローズストーン)

宝石印鑑 Rose stone(ローズストーン)

宝石印鑑 Rose stone(ローズストーン)

「生き方に美しさを、しるしに輝きを」。しあわせの〝あとおし"となりますよう、想いを宝石印鑑に込めておつくりするローズストーンの印鑑サイトです。

https://www.rosestone.co.jp/

皆様の、ご来店、お問い合わせ、ご注文、お待ちしております。

宝石印鑑は「Rose stone」(ローズストーン)

宝石印鑑は「Rose stone」(ローズストーン)

関連記事