ページトップへ戻る

印鑑の歴史は紀元前から!

12170715_981931055197905_1458512647_n

印鑑の起源は、紀元前メソポタミアまでさかのぼります

日々の日常生活で当たり前のように使っている印鑑ですが、その起源や歴史をご存知でしょうか?

 

=印鑑の起源とは?=

発祥は紀元前のメソポタミア

印鑑そのものの起源は、紀元前のメソポタミアだと言われています。

現在のような丸い印面に文字を刻む形のものではなく、
筒型の側面に刻んだ絵や模様を粘土に転がすように押し付けて刻んで使う物でした。

権力者の書簡を封印し印をつける、という目的で使用されていたようです。

=シルクロードを経てアジアへ=

世界へと印鑑が広まる

メソポタミアで発達した印鑑はエジプト・ギリシヤ・ローマと各地へ広まり、シルクロードを通じ遠くアジアへも伝播、そして中国において印鑑文明が大きく発達します。

一方、その後欧州圏においては印鑑の習慣はサインに変わり衰退します。

 

=中国で文化・制度として統一される=

秦の始皇帝が積極的に政治に利用

秦の始皇帝が「篆書体(てんしょたい)」という印鑑用の文字を定め、官印制度として正式に統一したことで、印鑑の制度が確立しました。

その後、漢の時代にはますます印鑑が広く使用されるようになります。
皇帝からその信頼の証・統治の証として諸国の王に授けられるようにもなりました。

 

=中国から日本へ=

日本最古の印鑑!? 金印「漢委奴国王」

日本の印鑑の歴史としては、中国から贈られた金印に端を発するとされています。

11050247_1651266205118191_2537194550971448344_n     11401563_1651263608451784_7721401226182002374_n

北九州で発見された「漢委奴国王」と刻まれた金印や、卑弥呼に贈られた「親魏倭王」の印などを歴史の教科書などで目にしたことがあることでしょう。

奈良時代においては、大宝律令により公にのみ公印の使用が認められ、私印は国家の許可が必要で社寺印として用いられていました。

平安時代に入ると藤原家などの貴族も私印を使うことが許されるようになります。

武士が台頭するようになると、花押(かおう)と呼ばれる書き判が広まり、願文や遺言状などに多く残されています。
このころから、個人の印(しるし)として印鑑を押す習慣が定着していきました。

戦国の世になると、各地の武将たちはそれぞれに趣向を凝らした私印を作るようになります。
織田信長の「天下布武」の印や、上杉謙信の「地帝妙」の虎の印などが知られています。

江戸時代には商業や貨幣の発達に伴い、一般の庶民階級でも印鑑が広く使用されるようになりました。

このような社会的な印鑑の流布を背景に、近世に入り政府が印鑑制度を確立します。

 

=印鑑制度が確立される=

実印の役割が明確となる

明治6年(1873年)10月1日、明治新政府が太政官布告で
「本人が自書して実印を押すべし。自書の出来ない者は代筆させても良いが本人の実印を押すべし。」と、署名のほかに実印を捺印する制度を定め、印章が正式に市民権を得ることとなり今日に至ります。

この10月1日は、『印章の日』され毎年記念行事が行われています。

(印章=印鑑の正式な呼び方です。)

 

=歴史的伝統と文化的発展を経て 社会生活に根差すこととなった日本の印鑑=

制度としては案外浅い?と感じるかもしれませんが、古くは国や支配者の正式な証(あかし)・権力の象徴として印鑑は重用され、歴史の変遷を経て一般庶民の生活を滞りなく行うための制度として確立されたのが今日の印鑑です。

日本での社会生活を正確にスムーズに潤滑させる制度であり、自分自身の名を書面に押印してその意志決断の証(あかし)とする美しい文化、なのですね。

 

印鑑の歴史  まとめ

  • 発祥は、紀元前のメソポタミア。
  • 世界各地に広まり、中国で印鑑文化・制度が確立。
  • 日本へは中国から金印「漢委奴国王」を賜わったことから興る。
  • 公にのみ許された公印を経て、貴族や武将・権力者が趣向を凝らした印を持つようになり、江戸時代の商業や経済的発展とともに一般庶民にも定着していく。
  • 明治に入り、政府が正式に印鑑登録制度を制定。 印鑑が市民権を経て今日に至る。

 


お問合せ・ご相談、お待ちしております。
(受付時間 10:00~18:00)

電話

0778-51-0628

クリック

お問合せフォーム24時間受付中

電話

メールでQ&A

印鑑のご相談やお買物のことなど、
お気軽にお問合せ下さい

クリック

「想いを印(しるし)に」小林大伸堂

「想いを印(しるし)に」小林大伸堂

「想いを印(しるし)に」小林大伸堂

「想いを名前に、名前を印(しるし)に」。大切な名前に想いと願いを込めておつくりする小林大伸堂の印鑑サイトです。

https://www.kaiunya.jp/

宝石印鑑は「Rose stone」(ローズストーン)

宝石印鑑 Rose stone(ローズストーン)

宝石印鑑 Rose stone(ローズストーン)

「生き方に美しさを、しるしに輝きを」。しあわせの〝あとおし"となりますよう、想いを宝石印鑑に込めておつくりするローズストーンの印鑑サイトです。

https://www.rosestone.co.jp/

皆様の、ご来店、お問い合わせ、ご注文、お待ちしております。

宝石印鑑は「Rose stone」(ローズストーン)

宝石印鑑は「Rose stone」(ローズストーン)

関連記事