ページトップへ戻る

結婚する娘へ。ご両親から贈る印鑑

嫁ぐ娘のために親が贈りたいものはなんですか?

結婚を控えた愛娘は毎日幸せで忙しそう。

喜ばしい気持ちの中で、花嫁の母としてやっぱり感じてしまうのは心配と寂しさ。

いよいよ親の手を離れ、家を離れて嫁いでゆく娘に親だからこそ贈ってあげたいものがあります。

結婚 娘へ 母から娘へ お祝い ギフト プレゼント 花嫁道具 結婚支度

花嫁の母から 娘に贈る 「一生変わらぬもの」とは?

女性にとって結婚は、多くの方にとっては苗字が変わる人生の大きな節目です。

特にお母様でしたら、その時の甘い喜びの気持ちとともに胸に生まれる、新しい苗字で生きることへの不安や旧姓とお別れすることへの寂しさは痛いほど共感できることでしょう。

そんな娘に、結婚のお祝いに贈ってあげたいのが名前を刻んだ印鑑です。

認印は嫁ぎ先の新しい苗字を。

そして、銀行印実印にはお嬢様のお名前を刻んで。

%e6%9c%a8%e6%9d%91%e7%be%8e%e5%92%8c%e3%81%95%e3%82%93%e3%80%80%e6%96%b0%e5%a7%93%e3%81%ae%e5%8d%b0%e9%91%91

結婚生活が末永く幸せな物でありますようにと願いを込めて、新しい苗字と 大切なお名前に「八方位」の運気に願いを託します。

娘の新しい人生を祝福する気持ちと同時に、親として大切な娘への変わらぬ愛情を伝えることができます。

自分たちで新しく生活を築く花嫁にとって、ご両親からの想いのこもった印鑑はきっとお守りとなって支えてくれることでしょう。

 

Q.「名前」で印鑑を彫刻するのですか?

A.認印は苗字で彫刻いたしますが、実印銀行印は、女性用は「名前のみ」が吉と言われております。生まれたあの日に名付けた大切なお名前を、印鑑に刻んで新しい人生になくてはならない印鑑として大切に使い続けてもらうことができます。

美咲さん

「美和さん」のご印鑑

女性の印鑑でしたら、こんな書体もおすすめです

小林大伸堂の書体は通常、運気や画数を取り込んだ「吉相体」にておつくりしておりますが、やわらかい曲線で描く「こころ書体」でもおつくりすることができます。

「こころ書体」とは、たおやかにしなやかに幸せを願って名前をしるす 女性のための書体です。

5df5d55d8

 

祝福の気持ちと、そして実務面でも

お嬢様の結婚を機に印鑑を贈られるご両親は実は多くいらっしゃいます。新しい結婚生活への祝福はもちろんのこと、実務面でも印鑑の贈り物はとても意味がございます。

というのも、苗字が変わることで結婚後の女性は各種名義変更手続きが必要となるからです。

【認印】

お役所での届出には新しい苗字の認印が必要となります。また、運転免許証やパスポートの名義変更、その他各種届出も必要となります。

【銀行印】

銀行口座の名義変更に必要となります。複数の銀行取引や口座をお持ちの場合は全ての手続きが必要となります。

【実印】

印鑑登録変更届けを行います。すぐに必要な印鑑ではありませんので、必要に応じて作られても良いでしょう。

三本の印鑑2

新たな生活に欠かせない 実印・銀行印・認印

「苗字が変わる」ということ

このように、「苗字が変わる」ことで結婚後の女性は時間と手間がどうしてもかかってしまうもの。そして、結婚前の花嫁さんは挙式やドレスに引出物、新居の手配やハネムーンの予約など、目の回るような忙しさです。
印鑑も必要とは分かっているけれどなかなかそこまで意識もそして予算も回らない。。。のが若い方にとっては正直なところでしょう。

慌てて間に合わせで印鑑を作ってしまうかもしれませんね。
印鑑は、個人を証明し、個人の意志を証明する社会生活においてとても大切なツールです。結婚という人生の晴れやかで大切な節目で、親が良い印鑑を持たせてあげることは最高の華向けと言えるでしょう。

 

これからの人生を共にするもの

そして印鑑は毎日使うものでは決してないけれど、「人生の大切な場面で」必ず出番があるものです。

自分名義の車を買う。。ローンを組む。。赤ちゃんが生まれて出生届に押印する。。そんな人生の大切なシーンで、手に取るたびに押印するたびに、ご実家から贈られた印鑑を手にすることでその時の想いとご両親の愛情がふっと胸に浮かんでくることでしょう。

結婚 結婚準備 印鑑 印鑑ケース 娘 入籍 入籍準備

大切な場面で必ず必要となるものだから。 お嫁入り道具としてもふさわしいお品です。

 

 

結婚おめでとう。あなたの幸せを心より祈っています。

本当はやっぱり寂しいけれど、自分の選んだパートナーと2人で幸せな家庭を築いてね。

そんな正直な想いを印鑑に託して、嫁ぐ娘に贈りましょう。

結婚 娘 花嫁 プレ花嫁 結婚準備 入籍準備 婚約 披露宴 披露宴準備 贈る ギフト プレゼント 可愛い 

幸せな結婚生活でありますように…。切なる想いが、お嬢様の心の「お守り」となることでしょう。

 

・お客様の声 →「嫁ぐ娘へ贈る印鑑」

・小さな物語 → it’s your story  もご覧ください。

小林大伸堂では、お嫁入りされるお嬢様にふさわしい、幸せを願う印鑑をご用意しております。

 

 

 

入籍を機に遠く離れるからこそ贈りたい

 


大切なお嬢様に贈る見守りのしるしとして、
こまもり箱をご提案いたします。

はじめての贈り物である「名前」には、
お嬢様の人生の幸せを願って、
たくさんの願いや想いを
込められたのではないでしょうか?
結婚で苗字が変わっても、変わることのない
「名前」に込めた想いや願いを刻んでつくる
わが子だけの“こまもり箱”は、
まさに「親の愛情で作るお守り箱」
いつまでもお嬢様の心に寄り添い続けます。

桐箱 命名書 命名書以外 赤ちゃん 出産記念 誕生記念  名づけ 命名理由 名前の由来 中身

名前に込めた願いを刻んだ木箱に、
印鑑や母子手帳、通帳などを保管して・・・人生の節目に贈る、新しい結婚祝いのカタチに「こまもり箱」を。

 

嫁ぐお嬢様に贈るご印鑑のご相談 うけたまわっております

お電話(0778-51-0628)やFAX(0778-53-1133)、メール: toiawase@kaiunya.jp などでもうけたまわっておりますのでお気軽にお問合せください。

大切な方に 想いや願いを込めて「名」を贈りたい…。
門出や節目、記念日だからこそ伝えたい想いをお聞かせください。

人生や幸せな日々の「あと押し」となる、そんなかけがえのない贈り物となりますよう お手伝いいたします。

印鑑作成に関して

お問合せ・ご相談、お待ちしております。
(受付時間 10:00~18:00)

電話

0778-51-0628

クリック

お問合せフォーム24時間受付中

メール

メールでQ&A

印鑑のご相談やお買物のことなど、
お気軽にお問合せ下さい

クリック

「想いを印(しるし)に」小林大伸堂

「想いを印(しるし)に」小林大伸堂

「想いを印(しるし)に」小林大伸堂

「想いを名前に、名前を印(しるし)に」。大切な名前に想いと願いを込めておつくりする小林大伸堂の印鑑サイトです。

https://www.kaiunya.jp/

宝石印鑑は「Rose stone」(ローズストーン)

宝石印鑑 Rose stone(ローズストーン)

宝石印鑑 Rose stone(ローズストーン)

「生き方に美しさを、しるしに輝きを」。しあわせの〝あとおし"となりますよう、想いを宝石印鑑に込めておつくりするローズストーンの印鑑サイトです。

https://www.rosestone.co.jp/

皆様の、ご来店、お問い合わせ、ご注文、お待ちしております。

ローズストーン店内

ローズストーンスタッフ

関連の記事