ページトップへ戻る

「右から左」に彫られた横書きの印鑑は正しいのでしょうか?

知れば納得!「横書きの印鑑は右から左に彫る」ことの秘密とは?

銀行印や女性用実印は「横書き」にて彫刻いたしますが、その際に「右から左に読めるよう」配字(字の配置のこと)いたします。

右から左 イラスト

銀行印や女性実印は「横書き」が吉。

なぜ右から左なのか?と言いますと、昭和初期までの日本の古い慣習にならっているためです。

現代の日常生活では、横書き=左から右に書いて読むことが一般的になっていますので、印鑑の名前が右から左に彫刻されているとなんだか不思議なような違和感があるような気がする方も多いようです。

けれど、戦前までの日本では横書きは「右から左」が一般的でしたし、その「右から左」の方向にはちゃんとした意味があるのだそうです。

一連の印鑑の文字の配置について一考察としてお読みいただければ幸いです。

印鑑の文字の配置(配字)を解明してみよう!

印鑑とは、9㎜から24㎜の丸い円の中にお名前の文字をバランスや美しさを考慮して納めて彫刻するものです。

一般的にご注文の多い印鑑のサイズは12㎜~18㎜ですので、その2センチ足らずの円の中に文字を配置するための工夫がなされています。

「木村拓二」さんのお名前の場合で見てみましょう。

認印の場合

「認印は苗字の縦書きで彫刻しよう!!」

右から左 イラスト3

 

 実印の場合

「実印はフルネームで彫刻しよう!!(男性なので)」

右から左 イラスト2

では、銀行印の場合は?

「銀行印は、縁起の良い横書きで彫刻しよう!!」

この時、「横書き」と認識しがちですが、実は「一文字ずつ左へと改行して横へと配置した縦書き」の配置とも捉える事ができるのです。

「木村美和」さんのお名前で見てみましょう。

右から左 イラスト4

縦書きの名前を横に配置すると、右から左になります。

昔のお店の看板や 額に飾られた四文字熟語なども、横書きした、というよりもむしろ、「横長の紙に収めるために一文字ずつ改行した縦書き」と捉える説もあるそうです。

一期一会2

座右の銘は『一期一会』です。

筆と墨で文字や文章を印してきた私達日本人は長きにわたり、右手で筆を持ち縦書きの文章を右から左へと筆を進める書き方をしてまいりました。このためか、書物を読む時は右から左に目が追うことが自然なのだそうです。

横書きの書物や理数系の資料、英語をはじめとする外国語表記の物を除けば、概ね縦書きの書物は右から左へと読み進めます。

日本の文庫本や雑誌・漫画なども右から左へ。。。が多いような気がします。

話が少々ズレましたが、横文字が実社会や実生活に浸透する以前の昭和初期頃までは、横書きは「右から左」がごくごく自然で当たり前のものでした。

印鑑文化は日本の生活文化や慣習などから成り立っておりますので、「横書きは右から左に読めるように」彫刻する、ことは実はとても自然なことなのだと言えるのですね。

欧米の横文字文化が浸透している現代社会では「横書き=左から右に読む」ことがすっかり当たり前となっていますが、長い歴史を経て培われた印鑑の文字文化は、知れば納得!とても興味深いものなのですね。

印鑑作成 のご相談うけたまわっております

お電話(0778-51-0628)やFAX(0778-53-1133)、メールtoiawase@meiinso.jp などでもうけたまわっておりますのでお気軽にお問合せください。

 

人生や幸せな日々の「あと押し」となる、そんなかけがえのないあなただけの「しるし」となりますよう お手伝いいたします。

印鑑作成に関して

お問合せ・ご相談、お待ちしております。
(受付時間 10:00~18:00)

電話

0778-51-0628

クリック

お問合せフォーム24時間受付中

電話

メールでQ&A

印鑑のご相談やお買物のことなど、
お気軽にお問合せ下さい

クリック

「想いを印(しるし)に」小林大伸堂

「想いを印(しるし)に」小林大伸堂

「想いを印(しるし)に」小林大伸堂

「想いを名前に、名前を印(しるし)に」。大切な名前に想いと願いを込めておつくりする小林大伸堂の印鑑サイトです。

https://www.kaiunya.jp/

宝石印鑑は「Rose stone」(ローズストーン)

宝石印鑑 Rose stone(ローズストーン)

宝石印鑑 Rose stone(ローズストーン)

「生き方に美しさを、しるしに輝きを」。しあわせの〝あとおし"となりますよう、想いを宝石印鑑に込めておつくりするローズストーンの印鑑サイトです。

https://www.rosestone.co.jp/

皆様の、ご来店、お問い合わせ、ご注文、お待ちしております。

宝石印鑑は「Rose stone」(ローズストーン)

宝石印鑑は「Rose stone」(ローズストーン)

関連記事