ページトップへ戻る

マンションを購入します! どのような印鑑が必要になりますか?

マンションの契約の際には、どのような印鑑を用意すれば良いですか?

アメジストとシトリン

夢のマンション購入に向けて

マンションや新築住宅など不動産の購入を検討される時に気になるのが、
・実印や印鑑証明書は必要なの?
・どのタイミングで印鑑が必要になるの?
といったことですね。

マンションの契約の流れを例に、どのような印鑑をご準備しておくと良いか見て見ましょう。

マンションイラスト

マンションや新築物件を購入の際は、実印・銀行印・認印 全て必要になります

基本的にローンを組んでマンション購入される場合は、実印・銀行印・認印、全ての印鑑の出番があるとお考えください。

タイガーアイ 印鑑 実印 契約 開運

人生のひとつの節目の時だからこそ、良い印鑑をあつらえる機会です。

実印:住宅ローンの契約

銀行印:住宅ローンの返済口座の申し込み

認印:契約申し込み、重要事項説明、マンションの売買契約、その他様々な書類の確認印として

・・・といった場面で必要となります。

実銀認

印鑑選びに迷ったら。。。

マンション契約までの大まかな流れ

【1】マンションを買いたい!→物件を探しましょう

【2】理想の物件が見つかった!→購入の準備をしましょう

【3】いよいよ契約します!
① 購入申し込み
② 売買契約

②-1重要事項説明

②-2 売買契約締結

③住宅ローン契約

③-1 ローン申し込み

③-2 ローン契約締結

のような流れで進んでいきます。

【1】マンションを買いたい!→物件を探しましょう

地元の不動産会社や不動産・住宅サイト、友の会などでまずは幅広く情報を集めてみる。
あるいは自分たちのこだわりや住みたい地域から絞って探していく。
物件との出会いは運も縁もありますので、じっくり焦らず検討しましょう。

この後の不動産売買契約や住宅ローン契約で 印鑑が必ず必要 となります。
いざ契約、という段になって慌てることの無いように、余裕をもってあらかじめ印鑑の準備もしておく ことで契約もスムーズに進めることができます。
基本的に、実印・銀行印・認印が必要 となりますので
まだお持ちでない方はこの機会に作っておきましょう。

実>銀>認

印鑑は余裕をもって準備を

【2】理想の物件が見つかった!→購入の準備をしましょう

出会いに恵まれ理想の物件と巡り合えたら、さっそく購入の為の準備を整えましょう。
住宅ローン契約には印鑑証明書も必要となりますので、印鑑証明書取得の段取り も頭に入れておくと良いですね。

実印とは? 

印鑑登録の仕方  

印鑑証明書の申請の仕方

実印の印鑑登録をご主人の代理で行う場合の手順 

など、分からないことは早めに調べておきましょう。

【3】いよいよ契約します!

契約の際に具体的にどのような印鑑が必要となるでしょうか?

①購入申し込み

『 このマンションを買いたいので申し込みをします 』

申し込み段階では、書類に押す印鑑は 認印 でOKです。

② 売買契約

②-1重要事項説明

②-2 売買契約締結

『 このマンションを購入する上で詳細を確認し、契約します 』

売買契約では
②-1 重要事項説明→「重要事項説明書」に署名・捺印 (認印 でOK)
②-2 売買契約締結→「売買契約書」 に署名・捺印 (下記 ※1 参照

を行います。

☆重要事項説明とは?

契約前に宅地建物取引責任者によって行われる説明です。
物件の住所や面積、インフラの整備(一戸建ての場合)、共有部分の管理(マンション)、契約以外に必要な代金、契約の解除の場合についてなど、
物件を契約する前に確認しておかなければならない様々な大切な内容について説明を受けた上でその内容に同意し、「重要事項説明書」に署名・捺印します。

簡単に言うと、「この物件はこのような状態でこのような内容の物件です。理解しましたか?よろしいですか?」という説明をしてもらい、それに対してOKなら「理解しました。OKです」と、書類に署名・捺印する、というものです。
この説明を受けないと契約ができないのですね。

内容としては「契約書」と重複する部分も多いのですが、「重要事項説明書」はあくまで「説明を受けその内容を理解しました」という書類です。
この段階ではまだ契約はされていません。

「売買契約書」で売買契約をして初めて、物件は自分のものとなります。

 

※1 売買契約に必要な印鑑は?

基本的に、不動産会社との売買契約のみなら認印で可ですが、
住宅ローンを組む場合は実印が必要です。

不動産会社によっては契約時に実印を求められる場合もありますので、ご契約の際にご確認されると良いでしょう。

③住宅ローン契約

③-1 ローン申し込み

③-2 ローン契約締結

『 マンションの購入代金はローンで支払いたいので、住宅ローンを申し込み契約します 』

不動産購入に欠かせないローンの契約へと進みます。

住宅ローン契約では
③-1 住宅ローン申し込み→金融機関へ「住宅ローン申込書類」を提出(実印が必要)
③-2 住宅ローン契約締結 →金融機関にて住宅ローン契約(実印が必要)

を行います。

住宅ローンの契約は、「金銭消費貸借契約(一般には金消契約・きんしょうけいやく)」と呼ばれ、実印と印鑑証明書が必要です。
また、ローン返済口座用に取引銀行の銀行印が必要になります。

_DSC8961

まとめ

マンションなど不動産を購入する際に必要となる印鑑とは?

①申し込み・・・認印
②売買契約・・・認印(ローンを組むなら実印も)
③住宅ローン契約・・・実印と印鑑証明書、銀行印

が各場面で必要となります。

印鑑 セット 実印 開運 不動産 契約

不動産の契約には印鑑が欠かせません

不動産会社や仲介業者の担当の方に分からないことは相談しながら、
段取り良くスムーズに契約できると良いですね。

 

印鑑作成 のご相談うけたまわっております

お電話(0778-51-0628)やFAX(0778-53-1133)、メールtoiawase@meiinso.jp などでもうけたまわっておりますのでお気軽にお問合せください。

人生や幸せな日々の「あと押し」となる、そんなかけがえのない あなたのための「しるし」となりますよう お手伝いいたします。

印鑑作成に関して

お問合せ・ご相談、お待ちしております。
(受付時間 10:00~18:00)

電話

0778-51-0628

クリック

お問合せフォーム24時間受付中

電話

メールでQ&A

印鑑のご相談やお買物のことなど、
お気軽にお問合せ下さい

クリック

「想いを印(しるし)に」小林大伸堂

「想いを印(しるし)に」小林大伸堂

「想いを印(しるし)に」小林大伸堂

「想いを名前に、名前を印(しるし)に」。大切な名前に想いと願いを込めておつくりする小林大伸堂の印鑑サイトです。

https://www.kaiunya.jp/

宝石印鑑は「Rose stone」(ローズストーン)

宝石印鑑 Rose stone(ローズストーン)

宝石印鑑 Rose stone(ローズストーン)

「生き方に美しさを、しるしに輝きを」。しあわせの〝あとおし"となりますよう、想いを宝石印鑑に込めておつくりするローズストーンの印鑑サイトです。

https://www.rosestone.co.jp/

皆様の、ご来店、お問い合わせ、ご注文、お待ちしております。

宝石印鑑は「Rose stone」(ローズストーン)

宝石印鑑は「Rose stone」(ローズストーン)

関連記事