ページトップへ戻る

ホントは怖い三文判

三文判は実はとても危険です

手軽に買える三文判

手軽に買える三文判ですが…

大量生産=同じ印影

印鑑を三文判や100均のもので済ませてはいませんか?

実は大量生産の三文判はとても危険です。

大量生産ということはすなわち、寸部違わぬ全く同じ印影(印鑑の文字)が世間に大量に出回っている、ということなのです。

大切な財産や権利を守ったり、契約に同意したことを証明するために押すのが印鑑。

なのに、その印鑑が誰でもどこでも手に入る物だとしたら、こんなに恐ろしいことはありません。

昨今の技術により、印鑑の偽造は珍しいことではなくなりました。
けれど三文判や100均の印鑑であれば、偽造どころかそのあたりのお店で売っている印鑑で同じ物が手に入ってしまうのです。

「ハンコを押す」ことの意味

ハンコを押す だけであればもちろん三文判で事足りますが、「印鑑を押印する」という行為は、「その書類に同意し責任を負う」ことのあなたの意志の証明です。「書類の内容に納得し同意しました。責任を持ちます。」という証明に印鑑を押す。押したからにはあなたにその責任が生じるのは社会の理(ことわり)です。
そんな印鑑押印 の意味を知れば、大量生産の三文判を使用したり 安易に押印することがどれだけ危険かが分かることでしょう。

印章店(印鑑屋さん)で 高いお金を払ってわざわざ印鑑を彫ってもらうのは、「あなただけのオリジナルの、あなた個人を証明し得る印影の印鑑」を作る必要があるからなのです。

押印はあなたの意志の証(あかし)

押印はあなたの意志の証(あかし)

高価な手彫り印鑑なら絶対複製されないか、と言えばもちろん100%とは言えません。
けれど、やはり複雑な印影であればそれだけ安全性は高いと言えますね。

印鑑はあなたを守る鍵

家の鍵で考えてみてください。

もしも自宅の鍵が、どこでも手に入る安い鍵だったら?
もしも自宅の鍵が、すぐにスペアを作れるような簡単な作りだったら?

あなたを守る「鍵」

あなたを守る「鍵」

たとえ高価でも 丈夫で複製されにくい鍵をオーダーしませんか?

印鑑も同じです。
三文判の印鑑で安く済ませてしまったばっかりに、大切な財産を狙われたり不当な負債を押しつけられる危険もあるのです。

例えば卒業記念に学校で貰った印鑑で済ませていませんか?
同じ苗字の人はいらっしゃいませんか?
同級生にはいなくても、先輩や後輩まで見渡せば一人や二人いらっしゃるかもしれません。

同じ苗字の卒業生がみな、全く同じ印影の印鑑を持っていてそれを大切な書類に押している、と考えるとちょっと怖いですね。

社会人として生活する上で、人生の様々な節目で印鑑は必ず必要となります。

大人としてこの機会に良い印鑑をおあつらえ下さい。

銀行印黒12

社会生活に「確かな印鑑」は欠かせません


お問合せ・ご相談、お待ちしております。
(受付時間 10:00~18:00)

電話

0778-51-0628

クリック

お問合せフォーム24時間受付中

電話

メールでQ&A

印鑑のご相談やお買物のことなど、
お気軽にお問合せ下さい

クリック

「想いを印(しるし)に」小林大伸堂

「想いを印(しるし)に」小林大伸堂

「想いを印(しるし)に」小林大伸堂

「想いを名前に、名前を印(しるし)に」。大切な名前に想いと願いを込めておつくりする小林大伸堂の印鑑サイトです。

https://www.kaiunya.jp/

宝石印鑑は「Rose stone」(ローズストーン)

宝石印鑑 Rose stone(ローズストーン)

宝石印鑑 Rose stone(ローズストーン)

「生き方に美しさを、しるしに輝きを」。しあわせの〝あとおし"となりますよう、想いを宝石印鑑に込めておつくりするローズストーンの印鑑サイトです。

https://www.rosestone.co.jp/

皆様の、ご来店、お問い合わせ、ご注文、お待ちしております。

宝石印鑑は「Rose stone」(ローズストーン)

宝石印鑑は「Rose stone」(ローズストーン)

関連記事