ページトップへ戻る

再婚で、新しい夫の戸籍に息子二人を養子縁組したい時、子供も印鑑が必要ですか?

子連れ再婚の手続きで、子供も印鑑が必要でしょうか?

<再婚して、新しい夫の戸籍に、息子二人を養子縁組したい場合>

再婚が決まり手続きをする際に、お子さんがいらっしゃる場合、養子縁組の手続きを行うことになります。

その際に、「子供の印鑑」が必要かどうか気になりますね。

市役所で確認したことをまとめてみましたのでご参考下さいませ。

 

子供の年齢・手続きの順序 によって、「誰の」「どんな」印鑑が必要になるかが異なります。

・子供が15歳以上→子供本人の認印
(子供自身の意志で養子縁組を決定できるので)

・子供が15歳未満→親権者の認印
(養子縁組は親権者が意志決定するので)

Q.子供が二人以上いる場合、印鑑は1本で済ませてもいいですか?

A.一人に1本ずつ、それぞれ別の認印が必要となります。

Q.子供の印鑑は、旧姓の認印ですか?新姓の認印ですか?

A.旧姓(養子縁組前)の苗字の認印が必要です。「本人を証明する」印鑑であることが求められるので、「名前」の印鑑でもOKです。

Q.親権者の認印は、旧姓のものですか?新姓のものですか?

A.手続きの順番によって異なります。

・養子縁組→婚姻届の場合:旧姓の認印

・婚姻届→養子縁組の場合:新姓の認印 となります。

子連れ再婚の印鑑

お役所での「養子縁組」の届出で必要な印鑑は?

詳しくはお役所にて

戸籍に関する手続きは、条件や手続きの順序、お子様の年齢、お相手の方が初婚か再婚か…などの条件によって異なってまいりますので、詳しくは管轄の市区町村窓口にてご確認いただくと良いでしょう。

 


お問合せ・ご相談、お待ちしております。
(受付時間 10:00~18:00)

電話

0778-51-0628

クリック

お問合せフォーム24時間受付中

電話

メールでQ&A

印鑑のご相談やお買物のことなど、
お気軽にお問合せ下さい

クリック

「想いを印(しるし)に」小林大伸堂

「想いを印(しるし)に」小林大伸堂

「想いを印(しるし)に」小林大伸堂

「想いを名前に、名前を印(しるし)に」。大切な名前に想いと願いを込めておつくりする小林大伸堂の印鑑サイトです。

https://www.kaiunya.jp/

宝石印鑑は「Rose stone」(ローズストーン)

宝石印鑑 Rose stone(ローズストーン)

宝石印鑑 Rose stone(ローズストーン)

「生き方に美しさを、しるしに輝きを」。しあわせの〝あとおし"となりますよう、想いを宝石印鑑に込めておつくりするローズストーンの印鑑サイトです。

https://www.rosestone.co.jp/

皆様の、ご来店、お問い合わせ、ご注文、お待ちしております。

宝石印鑑は「Rose stone」(ローズストーン)

宝石印鑑は「Rose stone」(ローズストーン)

関連記事