ページトップへ戻る

印鑑にはどんな種類があるの?その用途は?

個人が使う印鑑には、

用途に合わせて主に3種類があります。

実・銀・認

 

3種類の印鑑・・実印/銀行印/認・仕事印

印鑑には主な物に、実印 銀行印 認・仕事印 という3つの種類があります。
使用目的や用途に応じて使い分けをします。

【 実印 】

実印とは?
→「市区町村役所へ印鑑登録を済ませ印鑑証明を受けた印章」を「実印」と呼びます。
(印章=印鑑(ハンコ)の正式な名称です。)

美和さん実印

お役所に登録した印鑑=実印 です。

「印鑑証明」は、市区町村役場に印鑑を届けて登録することによって発行されます。
印鑑登録をおこなった「実印」は、一人に1本のみ認められます。

同じ印鑑を二人で登録することはできません。
ですから、ご夫婦でも各々が別の実印を登録することになります。

金融機関とのローンや、借り入れの契約・土地や建物の売買契約・会社設立・その他公文書作成などに使用するとても重要な役割を果たす印鑑です。

女性用の実印は13.5㎜以上が一般的な大きさです。13.5㎜もしくは15㎜で作られると良いでしょう。

【 銀行印 】

金融機関との契約など金銭に関わること全般に使うのが銀行印です。

印鑑の種類:銀行印

金融機関に届け出る印鑑=銀行印 です。

「銀行印」という印鑑があるわけではなく、銀行などの金融機関で登録したものがすなわち「銀行印」という役割を持ちます。

銀行や郵便局、JAなどの通帳開設時の他、保険や証券などの契約時など金融機関の出納に使用するとても重要な印鑑です。

一般には名字もしくは名前で作りますが、特に金融機関の印鑑として使用する銀行印の場合は、苗字・名前ともに よこ書きで彫ると良いそうです。これは、「お金がたてに流れないように。。。」とのことです。
また、よこ書き印鑑の文字は 右から左に読めるように彫ります。

女性用の銀行印は、12㎜以上が一般的で、事業を起こす、独立する、新築や車を購入する、といった目的がある場合は敢えて大きめの印鑑が好まれるようです。
12㎜もしくは13.5㎜で作られると良いでしょう。

【 認・仕事印 】

お仕事での一般事務全般、家庭での簡単なご契約書、受験票や、届出書などで使う印鑑が認印・仕事印です。

印鑑の種類:認印

日常的な書類に使う印鑑=認印 です

実印や銀行印とは違って、公的な確たる証明の無い印鑑ではありますが、書類や契約の内容を「承認した」上で捺印した、という証明となるので、捺印の際には、内容をきちんと把握した上で行いましょう。

日常生活での使用頻度が高く、人目にもよく付くことから、自分の好みの印材で作ると日常のモチベーションも上がります。

女性用の認・仕事印は、10.5㎜以上のサイズが一般的です。あまり大きすぎると使い勝手が悪いので、10.5㎜もしくは12㎜で作ると良いでしょう。

※詳しい 実印/銀行印/認・仕事印 のそれぞれの最適サイズのお話は「女性が使う印鑑のおすすめサイズ」 を参考にしてください。

三本の印鑑

 

会社の印鑑=法人印鑑

個人で使う上記の印鑑のほかに、法人用印鑑という物もあります。会社として契約したり銀行口座を開設したり書類を作成するために会社の名前の印鑑が必要となります。

【役職印・会社実印】

法務局に登録する法人組織の実印です。
個人の実印と区別するため、二重枠にして、外側に会社名・内側に「代表取締役印、代表之印、理事長印」等を彫刻します。

会社印鑑 実印 黒

会社実印 黒水牛

【会社銀行印】

会社・法人用の金融機関出納や保険の契約など、金銭に関わる契約で必要となる印鑑です。
通常は外側に会社名・内側に「銀行之印」「会計之印」などの文字を彫刻します。

会社印鑑 銀行印

会社銀行印 牛角白(うしつのしろ)

【会社認印】

会社認印は、印鑑登録をしていない印鑑で、印鑑証明のいらない軽微な契約や一般書類で用います。実印同様二重枠で、外側には「会社名」を、内側には「代表取締役印、代表之印、理事長印・契約之印」などを彫刻します。

会社認印

会社認印 薩摩本柘植(さつまほんつげ)

【角印】

官公庁職印、法人用の会社角印、組合印、団体やサークルなどの印鑑、商店や工業所印などとして一般事務や、契約の際の印鑑として使用します。

角印

会社角印 黒水牛

その他、印鑑として以下のようなものもあります。

【訂正印】

簿記印ともいい帳簿などに記入した文字の誤りを訂正する場合に使用する印鑑。
6ミリ程度の小判型や丸型です。

【割印】

契約の際に、本証と控えとの境に半分ずつ分かれるように捺印する印鑑です。
縦長の楕円形や長方形が一般的。

【蔵書印】

角印の一種で、書籍などの所有者を「しるす」ために裏表紙などに捺印する印鑑。

【落款印】

軸・色紙・絵画や書などに捺印する印鑑。
自分の雅号などを彫って作品にあわせた大きさや形で捺印します。

 

使用目的に合わせた印鑑の種類。

ご参考になりましたでしょうか?

 


お問合せ・ご相談、お待ちしております。
(受付時間 10:00~18:00)

電話

0778-51-0628

クリック

お問合せフォーム24時間受付中

電話

メールでQ&A

印鑑のご相談やお買物のことなど、
お気軽にお問合せ下さい

クリック

「想いを印(しるし)に」小林大伸堂

「想いを印(しるし)に」小林大伸堂

「想いを印(しるし)に」小林大伸堂

「想いを名前に、名前を印(しるし)に」。大切な名前に想いと願いを込めておつくりする小林大伸堂の印鑑サイトです。

https://www.kaiunya.jp/

宝石印鑑は「Rose stone」(ローズストーン)

宝石印鑑 Rose stone(ローズストーン)

宝石印鑑 Rose stone(ローズストーン)

「生き方に美しさを、しるしに輝きを」。しあわせの〝あとおし"となりますよう、想いを宝石印鑑に込めておつくりするローズストーンの印鑑サイトです。

https://www.rosestone.co.jp/

皆様の、ご来店、お問い合わせ、ご注文、お待ちしております。

宝石印鑑は「Rose stone」(ローズストーン)

宝石印鑑は「Rose stone」(ローズストーン)

関連記事